相続税の課税強化に備える

2015年から相続税の課税強化が実施されます。今まで相続税がかからなかったケースにまで、課税対象となるケースが増えてくることは間違いありません。

 

相続財産には、預貯金、有価証券、貴金属、不動産(土地・家屋)などがあります。なかでも一番大きいのが不動産でしょう。不動産相続にどう対処するかは、相続税対策のポイントです。各種の「特例」なども活用しながら、相続税対策を始めることが必要です。

 

このサイトでは、不動産相続の手続きや、知っておきたい基本的な法律知識についてご紹介します。

 

だれもが、気にはしながらも具体的に考えたがらないのが相続の問題。相続財産なんてないから、そもそも考える必要もないという人もいるでしょうが、2015年からの相続税改正によって、これまでよりも広範な人が、相続税課税強化のターゲットにされてしまいます。

 

それに、残されたものは家1軒とわずかな預貯金という場合だって、家1軒を分けようがありませんから、兄弟姉妹の間で相続問題を発生させてしまいます。資産家の場合は、常々それなりに相続のことも考えているかもしれませんが、いわゆる普通の世帯こそ、むしろ、しっかりと考えておく必要があるのです。

更新履歴